禅僧インスピレーション

禅僧(禅宗のお坊さん)が綴る発想の種。仏教徒として、禅僧として今を生きる私の糧となった出来事などを綴っています。

MENU

イギリス留学生活:大学パーティ(?)に誘われました【旅の記録24】

近くにある大学「Canterbury Christ Church University」に通う学生と知り合った私。またそこから他の学生とも繋がりができてきました。 ある日、とある学生さんから「パーティみたいなもんだけど、大学でイベントがあるから一緒に来ないか?」と誘われまし…

イギリス行くならここをおすすめ! 積み重なった歴史を感じられる港町ドーバー【旅の記録23】

実は私、イギリス滞在中、ドーバーへは2回行きました。

イギリス留学生活:イギリスと日本で違う自国への誇り【旅の記録22】

カンタベリーでの留学生活で感じた、日本とイギリスの違い。その違いも、私にとって、留学生活の中で貯まってくるストレスとなっていました。 ※写真はカンタベリー博物館の蝋人形です。

900年以上の歴史を誇るリーズ城【旅の記録21】

水堀の中にそびえ立つ城。

イギリス留学生活:イギリスと日本で違うお客への対応【旅の記録20】

留学生活の中で貯まってくるストレス。ホストファミリーの件もそうですが、他にもどんどん嫌になることがありました。その一つが、お客に対する対応の違い。 ※写真はカンタベリー博物館の蝋人形。客に対しては無反応です。

巨大ショッピングセンター、ブルーウォーター:ヨーロッパ鉄道周遊の旅準備【旅の記録19】

バスでカンタベリーからロンドンへ向かう途中、バスが立ち寄る場所がありました。その名はブルーウォーター。

イギリス留学生活:離れていくホストファミリーとの距離【旅の記録18】

自称、日本好きのホストファミリー。ただしそこにズレを感じる私。日本観もそうですが、他にもズレを感じた出来事がありました。それが私の中で壁を作る出来事となってしまいました。

友人のホストファミリーとロンドン近郊の牧場へお出かけ【旅の記録17】

ある日、友達に誘われたお出かけ。近くの牧場に行こうと。友達のホストファミリーも一緒とのことでした。

イギリス留学生活:日本が好き(?)なイギリス人とのやりとり【旅の記録16】

結果的にトラブルがあって、別のホストファミリーへチェンジした私。新しい受け入れ先は【旅の記録12】で触れたように、少し個性的な人でした。なんにせよ、新しい場所でのホームステイ生活が始まりました。

学園都市ケンブリッジ:バスの時間は絶対守りましょう【旅の記録15】

オックスフォードと同様に、もう一つイギリスで有名な学園都市、ケンブリッジ。 ケンブリッジの都市よりも、移動に使ったバスでの出来事が強烈でした。

イギリス留学生活:クリスチャンとざっくばらんな話し合い【旅の記録14】

イギリスでの生活にある程度の慣れてきた私。近くにある大学「Canterbury Christ Church University」に通う学生とも知り合って、行動範囲も広がってきました。

おすすめ! シェイクスピアの故郷、ストラトフォード=アヴォン=エイボン【旅の記録13】

ストラトフォード=アポン=エイボン。この地名はあまり聞いたことがないと言う人は多いかもしれません。でもシェイクスピアなら聞いたことあると言う人は多いのではないでしょうか? もしくは「ロミオトジュリエット」。この著者がシェイクスピア。そして彼…

イギリス留学生活:命令口調なNEWホストファミリー【旅の記録12】

イギリスの学園都市オックスフォード:一人旅の第一歩【旅の記録11】

誰もが一度は耳にしたことがあるだろうオックスフォード大学。私とってここが、イギリスに来て初めての一人旅の場所です。

イギリス留学生活:まさかのトラブル!?ホームステイ【旅の記録10】

イギリス、カンタベリーでの留学生活。クリスチャンの方々との交流もはじまり、良かったと思える出来事もあれば、留学生活において悪い出来事もありました。

謎の遺跡ストーンヘンジに最も近い街ソールズベリー【旅の記録9】

イギリスに来たからには一度でいいから行ってみたいストーンヘンジ。世界七不思議の一つと思っていたのですが、正確には違うようですね。なんにせよ、ストーンヘンジに一番近い街、ソールズベリーへやってきました。

イギリス留学生活:クリスチャンとの対話「拠り所」【旅の記録8】

【旅の記録6】イギリス留学カンタベリー編③で、イギリスのクリスチャン(キリスト教徒)の方々とのご縁を頂いたという話を書きました。その続きです。

イギリス行くならここがおすすめ!お風呂という名の美しい街バース(bath)【旅の記録7】

【旅の記録6】でのこともあって、私の英語への姿勢、つまり日本語をしゃべらないように日本人を避けようとする態度も私の中で少しずつ軟化していきました。実はこのバースも、もう一人の日本人留学生と一緒に来た所です。

イギリス留学生活:力を抜くのも大事なんだ【旅の記録6】

留学する前に掲げた二つの目的 語学(英語でコミュニケーションをとれるようになる) 宗教学(現地の宗教の様子をこの目で見る) その2つ目の目的はひょんなことから動き始めました。

ギネスとの出会い【旅の記録番外編】

実は私あまりビールが好きじゃありません…… 私の好きなビールと言えば、ギネス(GUINNESS)です。色は黒く、日本のビールと違ってなんというか、ドロっとしている。おまけにインパクトが強いというか、濃い。 このビールを初めて飲んだのが、イギリス留学時…

美味しいものが食べたくて、オイスター(牡蠣)で有名なウィスタブルへ行きました【旅の記録5】

また友達が誘ってくれました。「すこしでもおいしいものが食べたい」というのが今回の目的。そこで、牡蠣(オイスター)が有名なウィスタブルへ行くことなりました。

イギリス留学生活:英語以上に問題だった常識の違いカルチャーショック【旅の記録4】

留学先で、とにかく英語に取り組む日々。ただその英語以上に問題だった事が普段の生活の中でありました……。

イギリス有数のリゾート地 ブライトン【旅の記録3】

とある休日、友人に誘われて出かけたブライトン

イギリス留学生活:とにかく英語に必死だった私【旅の記録2】

遠い異国の地イギリス。留学生活が始まるも、なかなか思い通りにいきませんでした。

イギリス留学のはじまり:英国国教会総本山の地カンタベリー【旅の記録1】

大学を卒業した後のことですが、私はイギリス留学しました。 期間は2007年~2008年。 (ちょうど10年前になるのですね……)

【旅の記録】プロローグ

旅は、私に大きな影響与えてくれました。 旅は、今の私を形作る糧となりました。 旅は、仏教徒として、禅僧として今を生きる私の大事な一部となりました。 【旅の記録】はただの旅ブログではない。自分にしか書けないもの。私の一部となった大事な何かが込め…